免責が許可される場合

免責の審理終了後、その結果が債務者に通告されます。
審理の結果、問題ないと判断された場合、免責が成立します。

スポンサードリンク

しかし、この時点でもまだ確定ではありません。
債権者に不満がある場合は、免責許可決定の後、2週間以内に高等裁判所に対して不服の申し立てを行う権利があります。
つまり、刑事事件で言う控訴に近い感じです。

不服申し立てをした場合、地方裁判所で免責許可が決定したものを、高等裁判所が却下するというケースはまずありません。
債権者にしても、そこまでして価値を見いだすケースというのはほとんどまれでしょう。

地方裁判所が免責許可決定を出した時点で、事実上は自己破産が成立したと考えて差し支えありません。
この時点で、やっと自己破産の成立です。

破産手続きが成立した場合にはほとんど免責の方も成立するのですが、不許可のケースもあります。
例えば、免責不許可事由に該当する場合、ギャンブルなどによって過大な借金を背負った場合などです。

しかし、これらの不許可事由にも情状酌量の余地があり、よほどひどくない限りは、裁判官も大目に見る事があります。
これを裁量免責といいます。
そのため、不許可事由に該当していても、自己破産が成立するケースは珍しくありません。

そういった事由をあらかじめ知っており、自己破産は難しいだろうとあきらめていたら、一度弁護士の先生に相談してみることをすすめます。
とにかく、生きていくことが一番大切なのですから、あきらめずに頑張りましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

借金問題と自己破産
人は正しく生きなければいけない、一方で誰しも過ちを犯すもの。 テレビなどを見てい......
自己破産の状態
自己破産の概念は、既に大正期からあって、破産法が1922年、大正11年に制定され......
気持ちの整理をつけて自己破産申請
どんなに努力をしてもかなわない事はあります。 自分の意思が弱い、力がないといった......
自己破産の前に正確な借金の把握
借金をしても、現実から逃避していたり、自覚がない人が自己破産に追い込まれるケース......
何通りもある借金整理の方法
借金のリスト化が終わったら、次は、どの方法で借金の整理を行うか考えましょう。 最......
借金整理としての自己破産
任意整理と特定調停以外にも、借金整理の方法があります。 個人再生手続きです。 こ......
自己破産の前に弁護士に相談
借金額があまりにも多額になったら、自分で冷静な判断をすることができないという人が......
弁護士への自己破産相談方法
自己破産を含めて借金整理を行うには、弁護士にまず相談をしましょう。 弁護士を立て......
借金整理 弁護士と司法書士
借金整理を行う場合に、多くの人は弁護士への依頼をまず考えるでしょう。 ただ、弁護......
自己破産手続き
借金整理の選択肢の中から、自己破産をはじめ、どのような方法を選んでも、当然その手......
破産手続きおよび免責手続き
自己破産を申請する上で、破産手続きと免責手続きの2つが行われます。 この2つは別......
自己破産申請で破産や免責が受理されない?
自己破産を申請するのに、破産手続きと免責手続きをしても、申し立てが受理されない可......
自己破産申立書類の種類
自己破産の申し立行は、申立書類を提出する必要があります。 この申立書類というのが......
自己破産申立書類の提出
自己破産に必要な書類をすべて揃(そろ)えたら、裁判所へ提出提出する必要があります......
地方裁判所の審尋と自己破産
裁判所で自己破産の提出書類を受け取ってもらえた場合、ほとんどの確率で受理されます......
破産手続き開始決定とその後の流れ
審尋(しんじん)が問題なく通った場合、破産手続き開始が決定されたことになります。......
同時廃止事件と管理事件
ここで、自己破産について、破産手続き開始決定後の流れを追う前に、おさらいしておき......
財産がない場合の自己破産(同時廃止事件)
同時廃止事件となった破産者というのは自己破産全体の9割だといわれています。 財産......
財産がある場合の自己破産(管財事件)
自己破産を行った人の中で、1割程度は管財事件となる、財産を所持している人です。 ......
管財事件と自己破産
管財事件となった場合は、まず管財人となる弁護士が選定、その裁量による、債務者の財......
自己破産と免責の審理
同時廃止事件、管理事件のどちらであっても、これらが終結した場合、破産手続き開始決......
免責が不許可と不服申し立て
多いというわけではありませんが、自己破産が成り立たないというケースもあります。 ......
自己破産にかかる費用
自己破産をするまで至る人には、ほぼ一文無しに近い状態というケースが多いはずです。......

▲このページのトップへ