交通事故で損害賠償金

加害者の過失による交通事故の場合、事故直後には、自分の過失を加害者も素直に認めることが多いのですが、事故後時間がたつにつれ、損害賠償金の支払いが現実味を帯びてくると態度を一変させるケースも多々あります。

スポンサードリンク

示談交渉のトラブルを避け、適切な損害賠償金を受け取るためには、事故直後から筆記用具を持ち歩くようにして細かくメモを取りましましょう。

メモを取るときに大切なのは、自分に不利になるのではと思うことがあっても、事実ではないことを書いたり、書かなかったりすることは避け、ありのままに素直に書くことで、自分に不利だと思ったことでも有利な場合もあるので、正確に書き残すべきです。

メモ帳に残された内容、特に加害者の証言は、とても貴重な証拠となりますし、ボイスレコーダーで録音して残せば、事故の経緯や過失割合などについてトラブルとなった場合に、より効果的な証拠となるはずです。

どんなことでも事故後に取ったメモは重要なのですが、特に重要となることは次の通りです。

・医師から聞いた治療法や症状についての説明、被害者の状況

・事故直後からの加害者の言葉

・事故後の警察からの説明や連絡、警察の担当者の名前など

・損害保険会社からの説明、特に過失割合について

交通費や医療費、各種雑費などの事故に関係する領収書やレシート明細は全て大切に保管しておきます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

実況見分調書は交通事故の重要証拠
交通事故の実況見分調書とは、人身事故の場合、事故直後に刑事事件として警察が実況見......
人身事故への切り替え
交通事故直後は、むち打ち症などの体の異変があっても、気が動転したり興奮して、全く......
加害者の事故後の義務
交通事故の可能性は誰にでもあります。 いざという時に加害者はさまざまな措置を迅速......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。