未成年者が加害者の場合

子供が加害者の交通事故では、誰が賠償責任を負うのでしょうか?

スポンサードリンク

小学校低学年の児童が、幹線道路に自転車で飛び出し、走っていた自動車とぶつかった実際のケースを取り上げて、説明します。

幸いこの事故では子供に怪我はなかったのですが、相手の自動車に傷つけて自動車の修理代が20万円かかりました。

成人の起こした事故ならば、自転車の飛び出しは不法行為となり、一定の賠償責任を負いますが、、未成年者が自分の行為の責任がわからない場合は、民法によると賠償責任がないとされます。

小学校低学年の児童が、賠償責任を負うことがないということであれば、誰がその賠償責任を負うのかというと、子供を監督する義務のある者、つまり子供の親ということになります。

実際の事故では、双方の過失割合を基礎に、それぞれの賠償額が決定されますが、自動車がスピード違反していたり、自転車に乗っていたのがちいさな子供であったりすると、自動車側の過失が高くなっていきます。

子供が飛び出したことが原因の事故であっても、すべての責任が子供にあるわけではなく、自動車の運転者側にも過失があるはずですので、子供側が修理代の全額を支払うことにはなりません。

交通事故による賠償金の算定は、過失割合によって大きく依存しますし、過失割合を決定するには、警察の実況見分調書がとても重要ですので、交通事故にあってしまったら、必ず警察に通報する必要があるのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

損害賠償(人身事故)
人身事故の損害賠償には、精神的損害と財産的損害とがあり、財産的損害は、消極損害と......
交通事故の示談書
示談の内容を決める際は、いくつかの点に注意する必要があります。 示談内容で最も重......
損害賠償金と示談
交通事故の場合、加害者だけでなく被害者にも過失が認められることが多いので、被害者......
加害者の3つの責任
交通事故の加害者には、民事責任、刑事責任、行政責任の3つの責任が発生します。 交......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。