人身事故への切り替え

交通事故直後は、むち打ち症などの体の異変があっても、気が動転したり興奮して、全く気づかないこともありますし、しばらくしてから痛みが出てきたり、体の調子が悪くなることがあります。

スポンサードリンク

交通事故直後にケガに気がつかないケースでは、警察には、事故現場で人身被害として申し立てていませんので、通常物損事故として処理され、損害補償金請求するには、警察に行って人身事故に切り替えなければなりません。

人身事故への切り替え方は、まず病院に行って、医師に事故が起きた日と初診日、そして治療の期間を記載した診断書を書いてもらい、事故が起きた地域管轄の警察署に届けでてください。

医師から交通事故でケガをした場合の診断書をいただく際には、必ず記載内容を確認し、誤りがある場合は、医師に訂正してもらってください。

人身事故への切り替え方には、警察署で、認印、車検証、自動車運転免許証、事故車両、自賠責保険証明書などが必要となりますので、行く前に電話で聞いて指示に従ってください。

人身事故への切替え方時には、事故現場での実況見分立会いを再び行なうことになりますので、被害者(同乗者もケガを負ったのであれば、その人も)と加害者がそろって警察署に行く必要があります。

交通事故発生日から病院で治療を受け始めた日が、それほど空いていないケースでは、物損事故として処理されていても、人身事故への切り替えが比較的容易に認められるようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

実況見分調書は交通事故の重要証拠
交通事故の実況見分調書とは、人身事故の場合、事故直後に刑事事件として警察が実況見......
交通事故で損害賠償金
加害者の過失による交通事故の場合、事故直後には、自分の過失を加害者も素直に認める......
加害者の事故後の義務
交通事故の可能性は誰にでもあります。 いざという時に加害者はさまざまな措置を迅速......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。