保険会社と損害賠償

交通事故にあわれ、示談交渉の過程で保険会社が掲示してきた損害賠償額の低さを驚いた経験がある方や、保険会社側の筋の通ったような説明で納得してしまった方も多いと思います。

スポンサードリンク

交通事故の加害者側の保険会社から、"このくらいのケガなら皆さん働けるので、休業補償はでません"、"過去の判例通りだから、裁判を起こしても無駄で。"、あなたにも過失があるので、この損害賠償額が妥当です"などと言われても、被害者は言われるがままに従ってはいけません。

交通事故でケガなどの被害を受ければ、肉体的にも精神的にも金銭面でも大変だと思いますが、被害者として、自分の権利をしっかりと補償してもらうためには、自分が負った被害が、どれくらいの損害賠償額に相当するのか、自分で理解する必要があります。

交通事故の損害賠償の知識もない状態から、自分でいきなり損害賠償について学び、法律的な知識を学なび、損害賠償額を計算して、妥当と考えられる損害賠償額の根拠を、経験豊な保険会社に対して示談交渉するのは非常に大変なことです。

交通事故の被害者が、妥当な損害賠償をどれだけ請求できるのかわからない状態で、ひとりで示談交渉してしまうのは非常に危険ですので、弁護士や公共機関などの損害賠償について相談できる専門家に相談、活用しましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。