交通事故紛争処理センター

交通事故の被害者が、妥当な損害賠償を受けるためにには、いろいろな手段がありますが、事故の状況やケガや障害の程度によって、被害者自らがもっとも適切な方策を選らぶ必要があります。

スポンサードリンク

交通事故の損害賠償問題の解決する手段としては、まず裁判での判決が思いつきますが、裁判のコストや手間,損害賠償額を考慮すれば、裁判所での調停、交通事故紛争処理センターの裁定や和解、日弁連交通事故相談センターでの示談の斡旋、保険会社など当事者との示談などが適切なケースもあります。

現実には、当事者同士の示談で95%以上が解決しているそうですし、自分の過失も認め、損害額が比較的低く、保険会社がある程度被害者側に従っている場合は、なるべく早期に示談で解決するのが良いでしょう。

過失割合に問題が起きていなくても定額の示談条件だけしか保険会社が提示しなかったり、被害者側がきちんと損害を証明できる証拠を持っていても、保険会社側が認めない場合には、裁判か交通事故紛争処理センターを利用することになります。

交通事故紛争処理センターは、示談がなかなか進まないような場合によく利用され、事故に遭った当事者と弁護士などの専門家が面接相談を行い、審査や和解の斡旋を行っています。

交通事故紛争処理センターの和解の斡旋は、裁判の判決とは異なりますが、保険会社は斡旋案に従わなければならないので、裁判と同様の効果があります。

裁判が利用されるケースは実際には少ないのですが、裁判によって判決を得ることで、示談よりも被害者側が有利になることがあります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

交通事故紛争処理センターとは
交通事故紛争処理センターの相談では、事故解決に向けて、担当の弁護士による交通事......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。