過失割合と過失相殺

交通事故で必ず問題になり、交渉がうまく進まない原因となるのが、過失割合と過失相殺ですので、解決のためには、交通事故専門の弁護士や行政書士などの専門家に相談すると良いでしょう。

スポンサードリンク

運転者の不注意のことを、一般的に過失といいますが、自転車や歩行者などのような交通弱者にも、過失は考えられ、加害者と被害者の過失を、割合にしたものを過失割合と呼びます。

歩道で赤信号を待っている歩行者を車がひけば、100%加害者側の過失となりますが、歩行者が赤信号で交差点に飛び出して、事故に遭った場合は、歩行者側に大きな過失がありると判断されますし、被害者と加害者双方の不注意と考えられる交差点での出合い頭での交通事故は、双方に過失があることになります。

害者と被害者双方に過失があった場合、賠償責任全てを加害者が負担するのは、不公平ですので、被害者側の過失割合に応じて、損害賠償額を減額(過失相殺)し、公平に損害を分担することがあります。

民法で取り扱いについて定められている過失割合は、だいたいの基準が、過去の裁判の判例をベースとして決められており、損害保険会社が過失割合を決め、示談交渉するために利用されています。

過失割合は、裁判になった場合も損害賠償金に大きく影響してきますし、過去の裁判の判例でだいたいの基準があると言っても目安に過ぎないので、事故の詳しい状況を認識し、過失割合の目安を参考にし、被害者と加害者とがきちんと話し合うことが大切なのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

事故現場と証拠保全
被害者であれ加害者であれ当事者としては、できるだけ証拠を残しておくのが有利ですの......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。