加害者の事故後の義務

交通事故の可能性は誰にでもあります。
いざという時に加害者はさまざまな措置を迅速にとらなければなりません。

スポンサードリンク

交通事故を起こしてしまった場合の処置を覚えておきましょう。


事故を起こした直後の対応

・安全な場所に自動車を停め、エンジンを切る

・事故を起こした車は、危険でない限り、警察の事故状況確認のため、そのままの状態を維持

・自分が動くことができる場合は、被害者を救護

・軽いケガで被害者が歩けるようなら、安全な場所へ待避してもらう

・被害者が話せるような状態なら、本人に住所氏名を確認

・被害者が重傷の場合は、すぐに救急車を呼び、
 その間できるだけ被害者の体を動かさないようにする

・被害者が病院に搬送された場合は、搬送先の病院の確認

・加害者は、すぐに警察へ事故について報告

警察が事故現場についた後の対応

・警察からの事故の事情聴取を真摯に受ける

・事故現場の住所を確認

・事故の目撃者の氏名や電話番号など連絡先を聞きひかえておく
 (可能なら、目撃者に警察で証言してくれるようにお願い)


事故現場での事情聴取後の対応

・自動車保険の契約をしている保険会社か、損害保険代理店に事故発生を連絡
 (報告しないと、保険金が支払われなくなることもあり)

・被害者が搬送されている病院へ行き、お見舞いとお詫びをし、
 被害者が話せる状態なら、治療費などの支払いについて話し合う

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

実況見分調書は交通事故の重要証拠
交通事故の実況見分調書とは、人身事故の場合、事故直後に刑事事件として警察が実況見......
交通事故で損害賠償金
加害者の過失による交通事故の場合、事故直後には、自分の過失を加害者も素直に認める......
人身事故への切り替え
交通事故直後は、むち打ち症などの体の異変があっても、気が動転したり興奮して、全く......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。