交通事故と司法書士

自動車事故問題で専門家に依頼する際は、相談の意図を聞き入れてくれる専門家を選ぶことが重要です。

スポンサードリンク

司法書士に依頼すれば、交通事故問題で裁判が必要となった場合のわかりづらい手続の仕方や、書類作成方法などをきちんと教えてくれます。

無料相談を行っている司法書士もいるので、司法書士を依頼するのが適切かどうかわからない場合は、まずは無料相談で話を聞いてもらうと良いです。

司法書士を頼めば良いケース

・裁判を起こして解決したい場合に、必要となる訴状,答弁書など提出書類を作成して欲しい場合

・なかなか交渉がまとまらない物損事故などを解決したい場合

・専門家に頼みたいけど、弁護士を頼むほどの費用をかけられない場合

司法書士を依頼した際のメリットは、

・気軽に相談することができる

・物損事故を起こし140万円以内の損害賠償請求の場合は、ほぼ弁護士と同等の役割を果たす

・加入している自動車保険によっては、司法書士費用が一部負担される

・弁護士に比べ報酬が少なくてすむ

ことです。

デメリットとしては、相手側が弁護士を代理としているケースでは、依頼人に負担がかかってしまいますし、請求金額が140万円を超える場合は、司法書士は相手側と交渉できない等、業務上の制限があることです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

示談交渉と損害賠償額
交通事故によるケガや損害、損失は、示談交渉を通じ、加害者側と被害者側で、話し合い......
示談交渉の開始時期
交通事故で被害者となっても、被害者側から急いで示談交渉を行う必要はなく、加害者の......
損害賠償額の3つの査定基準
保険会社から提示された交通事故の損害賠償額の妥当性がわからなかったり納得できなか......
交通事故と弁護士
交通事故を起こし損害賠償額が高額となったり、相手との示談交渉がなかなか進まずに悩......
人身事故と物損事故の違い
交通事故で損害賠償が伴う場合、解決は示談によることがほとんどで、示談内容を書面に......
交通事故と行政書士
交通事故問題において、示談や損害賠償交渉をしようとしても、どのようにして主張すれ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。