交通事故と行政書士

交通事故問題において、示談や損害賠償交渉をしようとしても、どのようにして主張すれば相手が納得するか自分だけではわからないと思いますが、そんなとき行政書士は、依頼者にさまざまなサポートをしてくれます。

スポンサードリンク

示談交渉を自分で進めていきたいけど、書類作成の方法やさまざまな手続きがわからず、困っている場合に、行政書士の力を借りると良いです。

行政書士に依頼すると良いケースは具体的には以下の通りです。

・なるべく自分で対応していきたい

・サポートだけ頼みたい

・自分で自賠責保険の被害者請求手続を進めたい

・内容証明(損害賠償の請求やその根拠)を作成し相手に通知したい

・後遺障害等級認定に納得がいかない

・自賠責保険への異義申し立てをいたい

・過失割合や相手から提示された示談金の妥当性の評価

・専門家に相談したいけど、費用をそれほどかけられない

行政書士に交通事故問題を任せるメリットは、弁護士に比べ比較的に安い費用で受け付けてくれる事です(弁護士は後遺障害等級の低い場合には割に合わないので仕事を受けません)。

書面での交渉において、解決策が見つかるレベルの交通事故であれば、行政書士に頼むことで早めに解決できる可能性が高まります。

行政書士に交通事故問題を任せるデメリットは、行政書士資格では、依頼者の代理として相手と交渉することが許されていないため、裁判ではサポートができないなど、内容によって、引き受けることができないことがあることです。

行政書士にも専門や得意分野がありますので、交通事故で行政書士に相談したい場合は、交通事故専門の行政書士を選ぶことが大切です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

示談交渉と損害賠償額
交通事故によるケガや損害、損失は、示談交渉を通じ、加害者側と被害者側で、話し合い......
示談交渉の開始時期
交通事故で被害者となっても、被害者側から急いで示談交渉を行う必要はなく、加害者の......
損害賠償額の3つの査定基準
保険会社から提示された交通事故の損害賠償額の妥当性がわからなかったり納得できなか......
交通事故と弁護士
交通事故を起こし損害賠償額が高額となったり、相手との示談交渉がなかなか進まずに悩......
交通事故と司法書士
自動車事故問題で専門家に依頼する際は、相談の意図を聞き入れてくれる専門家を選ぶこ......
人身事故と物損事故の違い
交通事故で損害賠償が伴う場合、解決は示談によることがほとんどで、示談内容を書面に......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。