交通事故の示談書

示談の内容を決める際は、いくつかの点に注意する必要があります。

スポンサードリンク

示談内容で最も重要な項目は、当然損害賠償金額で、基本的に金○円と一意的に記載し、後々のトラブルにならないようにする必要があります。

どんなに高い損害賠償金額が決められたとしても、実際の支払いがなければ意味がありませんので、損害賠償金の支払い方法にも注意する必要があります。

もっとも確実な損害賠償金の支払い方法は、支払い期日を明確に決めて、全額を一括で支払ってもらうことです。

損害賠償金が加害者加入の保険会社から支払われる場合は、たいてい一括支払いになりますが、加害者本人から直接受け取ることになった場合でも、確実に支払いを受けるため一括支払にしてもらうようにしましょう。

余儀なく損害賠償金が分割払いとなった場合は、資金力のある保証人を要求する、頭金を大きい額にするなど、できるだけ確実に分割金が支払われる方法をとる必要があります。

損害賠償金の支払いが怠った場合は、すぐに強制執行手続きによって、加害者の財産から取り立てられるように、強制執行認諾文言付き公正証書で示談書を作成しておくことが大切です。

示談書の形式については、法律で定められていませんが、示談書の内容は、後でトラブルが起きた場合にとても重要な証拠として扱われます。

示談書は、加害者が被害者に損害賠償金の支払いを約束する大切な文書ですので、示談書を自分で作成するのが不安な方は、専門家に相談しましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

損害賠償(人身事故)
人身事故の損害賠償には、精神的損害と財産的損害とがあり、財産的損害は、消極損害と......
未成年者が加害者の場合
子供が加害者の交通事故では、誰が賠償責任を負うのでしょうか? 小学校低学年の児童......
損害賠償金と示談
交通事故の場合、加害者だけでなく被害者にも過失が認められることが多いので、被害者......
加害者の3つの責任
交通事故の加害者には、民事責任、刑事責任、行政責任の3つの責任が発生します。 交......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。