損害賠償金と示談

交通事故の場合、加害者だけでなく被害者にも過失が認められることが多いので、被害者の立場でも加害者の立場でも、交通事故直後の事故現場ですぐに示談したり損害賠償金の話をするのはやめましょう。

スポンサードリンク

事故直後は軽いケガだと思っても、数日後に身体の異変に気づき、被害者に大きな後遺症が残ってしまう場合もありますので、検査を病院で受けて、ケガの治癒後に示談を始めましょう。

加害者は、交通事故を起こしてしまった直後は、冷静な状態ではありませんので、事故現場で、被害者に事故の原因は加害者にあり、被害者に与えた損害全てを賠償するといった念書を書くことを求められたとしても、責任の全てを認めたことになってしまうようなこと避けなけれはいけませんし、損害賠償金について、具体的な話をするのはやめましょう。

事故現場においては、事故が起きた原因などをはっきりと把握することができないと思いますし、被害者が負ったケガの程度や、これから発生してくる損害賠償額は不明で、過失割合はどうなるかどちら側に原因があったかということも正確には判断できません。

示談は、一度締結してしまえば、やり直しができませんので、事故現場ですぐに示談をすることは、避けなければいけません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

損害賠償(人身事故)
人身事故の損害賠償には、精神的損害と財産的損害とがあり、財産的損害は、消極損害と......
未成年者が加害者の場合
子供が加害者の交通事故では、誰が賠償責任を負うのでしょうか? 小学校低学年の児童......
交通事故の示談書
示談の内容を決める際は、いくつかの点に注意する必要があります。 示談内容で最も重......
加害者の3つの責任
交通事故の加害者には、民事責任、刑事責任、行政責任の3つの責任が発生します。 交......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。