事故現場と証拠保全

被害者であれ加害者であれ当事者としては、できるだけ証拠を残しておくのが有利ですので、事故直後に証拠保全の具体的な行動をとることで、あなたの運命を良い方向に導くことになります。

スポンサードリンク

事故直後に警察へ連絡すると、所轄の警察署から現場へ来た警察官は、加害者と被害者に事情聴取を行い、事故が起こった原因や事故の実態を明白にするために、実況見分調書を作ります。

交通事故での補償トラブルの大部分は、事故の過失割合に関係し、過失割合は、実況見分調書に基づいて判断されますので、加害者側の過失が大きい場合は、実況見分調書を作成する際に、自分の意思をはっきりと正確に述べることが大切です。

被害者が死亡したり、重傷を負ったりして、当事者一方の主張だけで偏った実況見分調書が作成されてしまわないように、事故直後からできる限りの証拠保全をし、事故の目撃者がの方には、氏名や住所等連絡先を聞いて、正確な証言してもらうようにしておく必要があります。

事故直後は大変な状況だと思いますし、血の付いたままのもの衣類は見たくもないと思いますが、事故に逢った時に着ていた服や靴は洗濯をしないでそのままの状態で保管し、ヘルメットなども、絶対に捨てないようにしてください。

事故現場もできるだけたくさんの写真を撮ってもおき、できれば事故車もそのままの状態で保管しておいた方が良いのですが、場所が無い等の理由で難しいようなら、できるだけ多くの事故車の写真をいろいろな角度から撮っておきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

過失割合と過失相殺
交通事故で必ず問題になり、交渉がうまく進まない原因となるのが、過失割合と過失相殺......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。