交通事故で被害を負ってしまった場合、どのように損害賠償されるのか、被害者はどうしたらよいのかわからないと思いますが、被害者は損害賠償請求を自分ですべきです。
加害者や保険会社が、親身になって被害者のことを想って対応してくれるように見えても、何も言わずに任せていたら、自分の納得のいく補償を受けられない結果に終わってしまう危険性が高いのです。

スポンサードリンク

交通事故の損害賠償請求

交通事故の被害者になった場合、何もしなくても補償されるわけではありません。
全てを保険会社や加害者側に任せてしまっては、満足できる解決や損害賠償を得ることは難しいでしょう。

事故に対して保険会社から示された金額が、適切な損害賠償額であるかどうか、被害者がよくわからない場合、保険会社が示した額の支払いを事故の損害賠償としてそのまま受けることがほとんどです。

損害賠償が高額になるような事故の場合は、たいていの人がとって、損害賠償の算定がより難しくなります。
妥当といえる損害賠償額が不明となると、ほとんどの被害者は低すぎない賠償金が貰えれば十分だと考え、免責証書や示談書に押印してしまっています。

被害にあった被害者が納得のいく補償を受けるには、たとえ精神的にショックを受けている時期だとしても、保険会社が言ってきたことを鵜呑みにせず、損害賠償の妥当な金額を自分で把握するなど、自分から進んで行動する必要があるのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

交通事故 損害賠償と示談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://jiko.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。